【FIFA22】モウリーニョの戦術4-2-3-1を大解剖!

今回はローマへと渡ったモウリーニョサッカーについて解析していきたいと思います。

基本フォーメーション:4−2−3−1

モウリーニョはほとんどのシーズンを4-2-3-1で戦い、
モウリーニョといえば
「タートルサッカー(カメの甲羅のように堅い守備のサッカー)」や「パーク・ザ・バス(ゴールマウス前にバスが駐車しているかのような堅い守備)」
と呼ばれることが多いほど、GK~最終ラインは守備的な選手を揃え、敵からの攻撃にしっかりと対応するのが特徴です。

スパーズのフォーメーションとの比較

オフェンス

モウリーニョの基本戦術として、LW/ST/RWの3人のアタッカーでの攻撃が偏っています。
また、トッテナム時代まで常に両サイドバックは激しいアップダウンを要求され、
LWとRWが中央に寄り(4-3-2-1 ナロー)、タッチライン際のスペースを両サイドバックが駆け上がります。

例えば、オーリエが攻撃参加するとベイルは内側へ寄り、
駆け上がった右サイドバックの空いたスペースを埋めるように3バックへと変形します。

また、強力なSTへ目掛けてロングボールを駆使することもモウリーニョサッカーの特徴です。
トッテナム時代ではアルデルヴァイレルトがその役割を担っていましたが、
ローマではマンチーニがロングパスをエイブラハムに供給するシーンが目立っています。

ST/LW/RWの3人が自由に動き、CAMは特にシャドーストライカーの役割を担います。
したがって、CDMの2人は保守的で短いパスを縦方向に供給し、攻撃時に上がらない選手を起用します。

ディフェンス

コンパクトな守備と早い切り替えを好むモウリーニョは、CAMの守備意識を抑えてCDM2人とDF3〜4人での守備でボールを取り切ろうとするスタイルです。

ディフェンス時は11人全員自陣に戻ってとにかくコンパクトにしてスペースをなくし、ボール奪取時にハーフラインからの縦スルーパス1本で逆襲を狙うこともできます。

守備戦術:リトリート(旧パーク・ザ・バス)

以前のFIFAシリーズでは「パーク・ザ・バス」の戦術を選択できましたが、自陣でブロックを敷くにはリトリートが一番近い戦術でしょう。

幅:2~3

深さ:3~4

攻撃戦術:高速ビルドアップ

両ウイング・シャドーストライカー・ST、サイドバックで高速カウンターを仕掛けます。

幅:8

PAへの侵入:7~8

コーナーキック:4

フリーキック:4

選手戦術

GK:積極的なクロス対応、スイーパーキーパー

CB:デフォルト

SB :
アタッキングラン = 攻撃参加させる側は攻撃参加、CBのカバーリング側は「攻撃時には上がらない
インターセプト = デフォルト
ランタイプ = デフォルト


LDM:
守備意識 = パスコースを切る
アタッキングサポート = 攻撃時には上がらない
インターセプト = デフォルト
DFポジション = サイドのケア

RDM:
守備意識 = パスコースを切る
アタッキングサポート = 攻撃時には上がらない
インターセプト = デフォルト
DFポジション = 中央をカバー

CAM:
DFサポート = ディフェンスに戻る
クロス時のサポート = デフォルト
ポジショニング = 自由に動く

RW:
DFサポート = ディフェンスに戻る
チャンスメイク = 中へ切れ込む
サポートラン = 裏に抜ける

LW:
DFサポート = ディフェンスに戻る
チャンスメイク = サイドに張る
サポートラン = 裏に抜ける

ST:
サポートラン = デフォルト
アタッキングラン = フォルス9
インターセプト = デフォルト
DFサポート = ディフェンスに戻る

おすすめ選手

GK:なんでも。パス精度が高いとロングボールを供給できます。

DF:ダビド・アラバ、フンメルス、アスピリクエタ、マルキーニョスなど

CDM:カンテ、エンディディ、カゼミーロ、ゴレツカなど

CAM:エンドンベレ、パケタ、ファンデベーク、ベリンガムなど

LW:ソンフンミン、カラスコ、レビッチ、ジョタなど

RW:クルゼフスキ、ディマリア、シエシュなど

ST:ハリーケイン、ルイススアレス、ラウールヒメネスなど

堅守速攻をぜひゲームでも試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です