動画編集の流れを備忘としてまとめてみた

なっっっがいことブログを放置しておりました。

さかみんです。

よくYouTubeの動画編集漬けになってて

そのたびに思うんですけど

大手YouTuber事務所さんってどうやって動画編集やってるんですかね?w

編集しやすいように撮影するんだろうなぁって思うんですけど

僕がやると演技になってしまいそうなので

事前に打合せとかはほぼ一切なしでやってるんですよねw

とっても時間のかかる編集の流れとしては

とりあえず喋りまくって、好きなように撮影したあと

①まず切るとこ切ります。

「皆さんど~も!・・・こんにちは!」

「皆さんど~も!こんにちは!」

に、したり

不要な間を切ったりして

②流れを決めます。

・オープニング

・間奏

・メインパートA

・メインパートB

・リクエスト、メインパートA/Bに合うような企画C

・サムネ用パートD

・エンディング

・おまけ映像

ですが、僕の性格上

後から「やっぱりこーだな、あーだな」がたくさん出てきちゃうんですよねw

A、B、C、Dの流れを

A、D、C、Bにしようとか

いや D,C,B,Aだなとかw

こうして試行錯誤し流れを決めたら

③音量と音声を調節します

マイクはスマホのマイクで事足りるため音に雑音が入ります。

逆に言えばその場所のリアルな音が入るので良いところなのかもしれませんがw

Premiere Proを使っているので、エッセンシャルサウンドで会話のシーンならプリセットを決めて人間の声が際立つように調整します。
逆に景色を撮っていたものに対してはノイズを除去するように心がけています。

ここでも、あーでもないこーでもない とぶつぶつ言いながら調整しますw

音量もぶつ切りになったりすると嫌な音に聞こえてしまうので、フェードという効果を付けてだんだん音が大きくなるように調整することもあります。

編集作業をする場所も意外と重要だったり・・・

誰もいない場所や自宅だとスピーカーから音を出して編集しますが、外出先でヘッドフォンを使って音声や音量を調整しようとすると、意外にも自宅で作業していた箇所の音が大きかったり小さかったり・・・気づいてしまいます(しまいます!?)

この音量と音声調整が終われば

④テロップ挿入をします

テロップが無いとほとんど聞き取れないかと思います。

動画を見てみると、早口で何を話したか覚えていないことがたくさんあります。

目と耳で情報を受け取ってもらうためにも、テロップは納期に余裕がある限りふんだんに入れてます。

そして

④BGM、効果音を入れます

効果音とBGMってマジで重要でw

オープニングBGMとエンディングBGMは決まってますけど

解説系は静かなBGM

ふざけるときはノリノリでスピーディなBGM

勝負系は運動会のBGM

強調したいところ、画面が切り替わるところでは効果音

といった要領ですw

そして、ぜ~んぶ終わったら

⑤レンダリングとエンコードします。

最後の完成させる工程ですかね

これに大体早くて30分、遅い時は2〜3時間。

⑥サムネ作ります。

⑦企業様の案件になると、ここから広報担当の方へ提出します

ここが個人で動画編集をやっている身としては一番神経が削られますw

まず、動画を一通り見てもらいます。

見てもらって、その場で修正依頼(リテイク)が来ることもしばしば。
リテイクがきて、エスカレーションすら行かない場合は最悪②まで戻りますw

広報担当の方へ提出が通れば、あとは祈るだけ・・・w
ここから大企業だと権利系が厳しく、コンプライアンスの確認が行われます。

過去に、依頼を受けた際にもらったプロモーション用の動画素材が大手広告代理店に権利帰属が最後の最後らへんで発覚して、①からリテイクが出たこともあるので、提出してからOKが出るまで気が気でなりませんw

そしてOKが出たら、ようやくYouTubeにアップって感じです。

ここまでやって、もともと実績のない身なので報酬は数千円ですw

世の中のフリーで食ってる動画編集者ってどれだけ貰っているんだろうかw
ディレクターという肩書きや動画編集っていうのは構成がある程度固まった先にある次元のお仕事な気がするので、ここまでの一連の流れが果たして正しい動画編集者なのかわかりませんw

毎日、不二家のイタリアンショートケーキ食べて暮らしたい。


んじゃね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です