たった2週間でTwitterフォロワー1000名集めた方法


Twitter のフォロワー数を1000人以上を1ヶ月足らずで達成することができました。

1ヶ月と書きましたが、回り道もしたので本格的にフォロワー数を増やすために行動したのは2週間もなかったと思います。

この記事では短期的にフォロワー数を増やす方法を皆さんにお伝えしたいと思います。

これは私が実践したことですのでこれが正解かどうかはわかりません。


ですが短期的にフォロワー数を増やしたい方で、この記事を読んでほしい人に当てはまればご覧いただければなと思います。

この記事を読んでほしい方

  • 2週間から1ヶ月の間で短期的にフォロワー数を増やしたい方
  • Facebook、YouTubeやTiktok等をやっており、Twitter を通して自分のコンテンツや他のコンテンツを拡散発信したい方
  • 目標を掲げて何かに挑戦したい方
  • 運営しているブログの閲覧数を増やしたい、オフ会や自分主催のイベントを開きたい

以上がこの記事を読んでほしい方ですが、1つだけ釘を刺すこととしては、

短期的に1万人以上のフォロワー数を集めようとするのは現実的に一般人の我々には不可能です。

ただ莫大な資金を持っていたり、プレゼント企画で高級品を無料配布するキャンペーンが出来る資金力のある人は例外です。

私のように、

お金もなく

有名でもなく

友達もいなく

何も持っていない状況からフォロワー数を1000人達成することは、

これから話す実践したことが手っ取り早い方法なのかなと思っております。

いずれ1万人以上のフォロワー数を獲得したいのであれば、強力なテーマ力と発信力、ブランディング、集客力というありとあらゆる力が必要になります。

ですので短期的に一か月単位で1万人以上フォロワー数を獲得するというのはかなり難しいです。

いわゆるインフルエンサーと言われる方でも、芸能人ではない限りTwitterを6〜7年以上続けて積み重ねてきた、という人が多いのかなという印象です。

https://00m.in/6SCyD 
週刊現代 発表!日本を変えるインフルエンサー20人~若者の「教祖」たち

Twitterフォロワーを増やしてどうするのか?

では Twitter のフォロワー数を増やすことによってどのような効果・メリットがあるのかをまずお伝えしたいと思います。

Twitter のフォロワー数を増やすことで、自分のツイートが多くの人に読まれる「発信力」「リーチ力」というのが大きくなります。

また、Twitter のフォロワー数を増やすことでもし他に SNS を使っているのであれば、そちらへの流入率も増やせます。

そして、同じ趣味・同じ考えの人と深く関わることができるので、普通に会社員として所属しているコミュニティとは違ったコミュニティに参加することも可能となります。

Twitter上にて私が実践したこと

実際に私がやったのは主に5つです。

① ツイートを毎日欠かさず投稿する。最低5ツイート以上。
 (市場価値を高める)

②無料のツールをとことん活用する。
 (市場の分析) (興味付けのノウハウを学ぶ)

③相互フォローのキャンペーンを打ち立てる。

④無駄なプライドは捨てる。
 (行動力の増加)

⑤ネガティブなツイートはしない。
 (人脈の形成、インフルエンサーの共通点)

これがフォロワー数の大きく増加した要因となっております。

これ以外にも細かく言えば挙げられますが、本気でTwitterのフォロワー数を増やしたいのであれば、上記の5つを実践すると勝手にフォロワー数は増えていきます。

① ツイートを毎日欠かさず投稿する。最低1日5ツイート以上。

ツイートを欠かさず投稿するなんですけれども、自分が思ったこと・考えたこと感じたことをそのままツイートすることはもちろんTwitterの醍醐味ではあります。

ただし、アカウントを開設した時点では全くフォロワー数とフォロー数が少ない状態ですので、つぶやいても全く反応がなくタイムラインにも自分のツイートしかない「壁打ち」状態となります。

始めたばかりのTwitter

まずはこのような状態では何も始まらないので、「自分の興味ある」インフルエンサーの方々をまずフォローしましょう。

「興味ある」というのは素直な感情で良いです。面白いツイートをしていたり、好きなゲームの話で共感できるアカウント…など何でも良いです。

フォロワー数が1万人以上で更新頻度が高い人をフォローしてみましょう。

例えば・・・旅行が好きで旅行先の雰囲気を味わいたいのであれば、海外に住む方のアカウントをフォローしてみましょう。

アメリカの現地の情報を知りたいのであれば

Satoshi Onodera さん
アメリカの身近な情報を発信

中国の現地の情報を知りたいのであれば・・・

こうみく中国トレンドマーケターさん
中国のトレンドを発信

はたまたブラジルの情報を知りたいのであれば・・・

Massao Oishi
日本人はブラジル人のように生きろ!総合商社マン さん
ブラジルの生活事情、ブラジルネタを発信

正直に言うと、上記のお二人は現時点(2019/07/26)ではまだTwitter上ではかなり有名ですが、テレビに出演する芸能人ではありません。

ですが、海外の「現地情報」を高い更新間隔でツイートされているので、役に立つ情報を入手することが出来ます。

で、ここからが肝心なのですが

こうしたフォロワー数の多いアカウントの方々が発するツイートを引用リツイートして自分の考えをつぶやいてみましょう。

いわゆる「引用リツイート」というもので、単純なリツイートよりも何が良いかというと

「自分の意見・考えを織り交ぜて発信できること」

にあります。

自分も最初は2万人以上ものフォロワーのツイートを眺めて、「役に立ちそう!」と判断したものに対しては引用リツイートを使って自分の見解を織り交ぜて発信します。

すると、いとも簡単にそのフォローしているインフルエンサーから直接リツイートやいいねをもらえることがあります。

自分のコメントまたはその人に対して反論するとかそういったことでどんどんインフルエンサーに絡んでいくってのが発信力を付ける上で最初の一歩だと思っております。

そして、自分のツイートは自分でリツイート、いいねをしておきましょう。

やはり、どんなことでも「0から1」にすることは難しく、抵抗感を持たれてしまうので、自分のツイートは欠かさず自己RTをしておきましょう。

ある程度ツイートを繰り返しておけば、昔の自分のツイートを掘り出してリツイートするだけで1日5ツイートは簡単です。30秒もかかりません。

この自分のツイートをリツイートする行為は、↓に詳しく書いたインプレッション数に関わってきます。

②無料のツールを活用する (市場分析)

ちなみになんですけれども、私は他の人のツイートをリツイートやいいねだけしていると、最初16名の方にフォローいただきました。

ところが、そこからあまり効果的に伸ばすことが出来ずに悩んでいたんです。

けれども、まずは有名なインフルエンサーの方がツイートをした内容を引用リツイートして、

その人から直接返信をいただいたり、いいねをもらったりリツイートしてもらったり・・・

自分の経験談を引用リツイートに混ぜ込むのもインプレッション数を上げるには大切な行動です。

という行動を繰り返し、有名な人のツイートを引用リツイートして自分なりの考えや思ったことをツイートしておりました。

上記の行動を繰り返していると、

インフルエンサーの方々から反応をもらえばその自分のツイートがインプレッション率とインプレッション数を獲得することにより、

かなり多くの人々に自分のツイートが表示されることになります

インプレッション率とインプレッション数については後でご説明します。

インプレッション数が爆上げをすることによって、自分のフォロワー数も自然と伸びる可能性が高くなります。

32471という数字がインプレッション数(Twitter上の全ユーザのうち、このツイートを見た回数)

こうした取り組みを毎日行なっていけば、地道にではありますがフォロワー数を伸ばすことができます。

現在ではTwitterがTwitterアナリティクスというツールを開発しているので、こちらを日々チェックすることが大切です。

Twitterアナリティクスについてはこちら
https://analytics.twitter.com

このままフォロワー数を地道に伸ばすことが、最終的にはかなりの数のフォロワー数を集めることになります。

Twitterアナリティクス画面

この記事では、短期的にフォロワー数を増やすということなので、およそ50名以上のフォロワー数を獲得したタイミングで私は次の行動に移りました。

③相互フォロー企画を開始、ただしやり方には注意

次の行動は相互フォローをキャンペーンとして企画したことです。

相互フォローのキャンペーンというのは何かと言いますと、「マーケティングの基礎」とも言うべきような意味合いの強い行動です。

これだと意味が分からないのでもう少し詳しく説明しますと、

私があなたに対して何か役に立ついいことを差し上げます

なのでこれに参加してね

っていうような条件で、私があなたにこれをしてあげるけど

そのためにはこれをしてね、という切り口であなたをフォローすることになります。

まずは自分からフォローしに行く→そのフォローしてもらった人から相互フォローという形でフォローをもらう

という流れになります。

というのも、Twitter ではフォローしてもらうというのがリツイートやいいねよりもかなりハードルの高い行為というのが分かってきました。

どれも無料とはいえ、今後その人のタイムラインに自分のツイートが流れるということを予想して、

フォローすることによってどれだけ自分にとっての役に立つか(都合が良くなるか)

自分に有益かどうかっていうのが判断されるので、

フォローというのはかなり難易度が高いものだということがわかってきました。

これはフォローする時に躊躇するのは、フォローするこちら側も思うことではありますが、そんなプライドは捨てた方が良いです。

そうしてまでフォロー数フォロワー数を増やしたくないのであれば、長期的に地道に活動しましょう。(ただしこの方針では2週間では不可能です。)

逆に自分の思ってること、面白いこと、役に立つことなどをツイートすることによって、コアなフォロワーを獲得することはかなり忍耐が必要です。

また増えても一週間に2人とか3人とかそういったぐらいのペースになるので短期的にフォロワー数を増やすっていうのはあまり向いていないです。

最初の100名のフォロワー数を獲得する際は、まず1段階目のインフルエンサーにどんどん絡んでいくというような取り組みが多かったのですが、

そこから短期的にフォロワー数を鮮明増やすことにフォーカスを当てることで、相互フォローによるフォロワー数の獲得を毎日取り組んでいました。

どのような相互フォローのツイートしたかというのは下記に例をあげております

この方法でおよそ800名以上の Twitter のフォロワー数を獲得することができ、

この記事を書いている間にもフォロワー数が100人増加し、合計で1100人以上のフォロワー数を獲得することができました。

フォロワー数1000名というのは、Twitter運用でも”序の口”です。

フォロワー数が1000名を超えるとある程度の発信力が身に付きますが、まだまだツイートをしても無反応であることが多いです。

そういうときは、先程のアナリティクスを使いつつ、無駄なプライドは捨てて「いつか誰かが見てくれるはず」という信念を持ちつつ、継続的にツイートを続けましょう。

④無駄なプライドは捨てる(行動量の増加)

それもまだフォロワー数が二桁ですと、自分のツイートが面白いものでも、質の高いものでも相手に読み取ってもらえないことがあります。

これは単純にまだ見てもらう母数がかなり少ないということです。

フォロワーいただいている人の中には1万人以上のフォロワー数を獲得されてる方がいらっしゃいます。

そういった方々の影響力を自分がツイートする際に借りることもできます。

ですので短期的にフォロワー数を増やしたい場合は相互フォローやインフルエンサーとどんどん絡んでいくことが大切です。

そこで、毎日のツイートでは「検索」ボタンから

「トレンド」を追うようにしましょう。

当時、フォロワー数を増やしていたところ、ファーウェイがアメリカからの制裁を受けたニュースをキャッチし、すかさず中国のトレンドに強いインフルエンサーのこうみくさんのツイートを追っかけていました。

自分が気になったこうみくさんのツイートを引用リツイートしたことで、トレンドに乗っかってかなりのいいね、リツイート、インプレッション数を獲得することが出来ました。

とにかくフォロワー数を増やすには、

自分のプロフィールとツイートが初めての人にどれだけ表示させるか

が肝心です。

⑤ネガティブなツイートはしない。
 (人脈の形成、インフルエンサーの共通点)

ここからはフォロワー数が500名以上になった場合に有効なのがまず相手にとってメリットしかないツイートをすることです。

自分のコンテンツ・自分の好きな物に対して共感を得られるようなツイートをすると、自分を理解してくれる方や同じようなフィーリングの方とつながることができます 。

こうした繋がりはよっぽどのことがない限りフォローを外したり、外されたりということがないため、フォロワー数が著しく増えたり減ったりすることはないです。

あとは、相互フォロー企画を行っている中で、普段のツイートを見てもらう機会が増えていくはずです。

プロフィール画面に移ってもらうけれども、ネガティブなツイートが並んでいると、相互フォローするにもフォローする相手がネガティブなツイートしているのであればあまりフォローしようとは思いません。(個人的な感想です)

人に自分のプロフィールをどう見せるべきか、と考えるとプロフィールにネガティブな文章や表現があれば、フォローする人にとって共感を得られないという不安感を募らせてしまうので避けましょう。

どうしてもネガティブなツイートを投稿したいのであれば、別のTwitterアカウントを作成して、思う存分そこで書きなぐり程度に書いてみるようにしましょう。

こういったフォロワーの方々をどのように巻き込むか

どのように継続して Twitter でフォロワーになってもらえるか

というのが自身自分自身のコンテンツ力にかかっています。

結局はそのポジションによってフォロワー数や知ってもらえる人の数が決まってきます。

ポジションというのは確立したものではなくても、試行錯誤しながらフォローしてツイートをするというのでももちろん構いません。

今回はそういったテーマとは少し離れていますが、確実に早く Twitter のフォロワー数を増やす方法をお伝えしました。

ポジションという風に言ったんですけども、 Twitter をするにあたってコアなファンを獲得するためには自分自身のブランディングの形成、ポジション取りをしなければなりません 。

そうしたブランディングの方法だったりポジション取りの自分がやってきたことについてはまた改めて記事を書きたいなと思っております。

今回の記事でどれか役に立ったと思ったらすぐに実践にして下さいね!

そして実践によって1000人超えた場合には、ご自身でフォロワー数を伸ばした経緯をブログかをTwitterで書いてくれると、それを読む人にとってはかなり役立つ情報、ナレッジとして積み重なっていきます。

この記事を読んで、もしフォロワー数が1000人を越えたらこの記事を拡散してください!

皆様のTwitter生活を豊かにするきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です